どうでもいいけどさ の枕詞

残業だった 死ね

何よりも先に言いたいことは 何よりも先に帰らせてくれ 死ね

結局家に着いた時間は午前12時を回っていた。

ギターを弾くというより触っているうちにとても眠たくて肩にストラップ掛けたまま座椅子で寝てた。

起きると部屋は真っ暗 午後7時半くらいおれのお先も真っ暗 とても寒かった。

 

サニカのそれだけ を聴く やっぱりすごく淡い気持ちになる 髪の毛の色が変わったあの子を見るのがなんとなく少し嫌だった なんでこんなに同じなんだろう…

あれでしょ? 久しぶりに会ったあの子が使い慣れたように頼むカルーアでしょ?…

まぁおれには関係ないし 当たり前のことなんだけど

今となってはどうでもいいし

なんなんだろうな この気持ちは

おれだってファジーネーブルが好きだよ

昼から飲むならおれだって『ビンの生で!グラス2つお願いします!』ってさ

 

大人になったね 大人になってまで会えてることがいとしい

お酒の話と言えばまた新しい班で飲み会があるらしい 歓迎会らしい おれの

おれの歓迎会なんていらないっすよ〜って言ったのにおれの意見じゃなくてただ飲み会のきっかけが欲しい人もたくさんいると言われた

そうですよね…

本当に飲み会が嫌いだ

飲み会が嫌いなんじゃなくて特に仲良くもない人といる時間がそもそも嫌いだ

ましてや仲良くない人と飲む時間なんて苦痛でしかない

興味のない話 うわべだけの話 をするだけだ それをしてなにがいいのかわからない なにも得ることがない なにも進まない 入ってしまったらなかなか出れない なのに進まない

渋滞だ。(事故)

別に見るつもりはなかったけど視界に入った飲み会の出席表には『山本光歓迎会』と書かれていた。

別に見るつもりはないけど視界に入った出席の◯×は×が半分より少し多く見えた。

別にどうでもいいんだけど嫌な気持ちになるな 出席表のタイトルが悪い

別にいいのに別によくなくしてしまうタイトルが悪い

別にいいんだけどあのタイトルで◯×をつけると×をつけた人から歓迎しないという意思を感じさせる

別にいいけど 辞めるし

大っ嫌いだ

 

p.s 会ってまだ全然月日が経ってない人の前であんなバカ笑いしたのがいつが最後もうだったか思い出せなかった。

C班の皆さん いい人達ばかりですね。